• HOME
  • 部門紹介
  • 医療技術部

医療技術部

栄養科
栄養科は、患者様の栄養状態維持や改善に寄与するため、管理栄養士3名(北星病院2名、北星館1名)で給食管理業務と栄養管理業務を行っています。
栄養療法は薬のような速効性はありませんが、全ての治療の基礎を担うものと考えています。院内においてビタミンのような働きが出来るよう日々研鑽を重ね、他職種と連携しながら業務に当たっています。
IMG_9486.jpg

給食管理
当院では、献立作成から配膳までの一連の給食管理業務を富士産業株式会社に全面委託しており、給食会社の管理監督業務を当院の管理栄養士が行っています。献立内容や調理方法等について、日々給食会社の栄養士、調理師と相談しながら、安全で美味しい食事の提供に努めています。

食事の種類
患者様の病態に合わせた食事の提供を医師の指示に基づいて行っています。
  • 一般治療食:常食、軟菜食、流動食、嚥下訓練食、濃厚流動食
  • 特別治療食:糖尿病食、たんぱく質制限食、脂質制限食、塩分制限食(心臓・腎臓疾患等)、大腸検査食
※患者様の咀嚼・嚥下機能に合わせた食形態に対応しています
  • 行事食
季節ごとに行事食の提供を行っています。北星館では、9月に敬老会、1月に新年会を開催しており、大変好評を頂いております。

12月 クリスマス 9月 敬老会

栄養管理
患者様個々人の状態に合わせて栄養管理を行っています。食欲不振、食事量の少ない患者様には、管理栄養士がベッドサイドでの聞き取りを行い、食事内容の調整や栄養補助食品の付加等を行っています。

栄養指導
医師の栄養指導依頼箋に基づき、入院・外来ともに栄養指導を行っています。患者様の生活習慣に合わせた栄養指導を心掛けています。


薬剤科
薬剤科では、患者様に安心・安全にお薬を服用していただくために、調剤、医薬品管理、薬剤管理指導を主とした業務を行なっております。
入院中の全ての患者様にとって、お薬の服用が安全かつ有効であるように、持参薬も含めた薬剤服用歴管理も行なったり、院内への最新医薬品情報の提供にも努め、質の高い医療が提供できる体制を支えています。
また、多職種のチーム医療スタッフの一員として、それぞれの職能を活かして主治医を助けて、患者様の病状の回復に貢献しています。



臨床検査科
検査科では、医師の依頼により病気の診断や病状、治療の効果や経過を見るために必要な検査を行っています。
当検査科では、心電図や超音波検査など検査機器を使って直接患者様と接して行う生理検査と、血液検査や尿検査など自動分析装置などを使って患者様から採取される血液や尿などの体液を測定する検体検査があります。
国家資格を持った臨床検査技師が、患者様が安心して検査を受けられるように対応し、精度の高い検査結果を正確かつ迅速に提供できるよう心がけています。


放射線科
放射線科は、診療放射線技師3名で安心・安全で質の高い画像診断を提供しております。
当院の画像診断機器には、X線撮影装置(CR処理)2台、X線テレビ装置、マルチスライスCT、骨塩定量測定装置、ポータブルX線撮影装置、外科用イメージ装置、FPD搭載の胸部撮影検診車があり、多岐にわたる検査を行なっております。
2009年8月よりPACS(画像管理システム)を導入し、外来診察室はもちろん、病棟でもモニター診断ができ、過去の画像との比較も容易に行なえるようになりました。
これらの画像診断は、それぞれの患者さんの診断に最適と思われる条件で撮影することで診断精度が変わってきます。
当院では、熟練した診療放射線技師が、より質の高い医療を提供するため、チーム医療の一翼を担うコメディカルとして、日々の業務に取り組んでおります。


健康管理センター
健康管理センターは、生活習慣病に対する健康診断をはじめ、職場における企業健康診断、就学、就業時の健康診断など、各種健康診断を行なっております。
また、接遇にも力を入れており、健康診断の始めから終わりまで気持ち良く受けられるように努めております。