筋トレと高血圧の改善に関して

(2021年8月18日 14:53)(外来リハビリブログ)

こんにちは!
北星病院外来リハビリ班です。

本日のテーマは筋トレと血圧の関係です。
一般的に病院で高血圧と診断されると服薬指示や食事改善の指導、
運動指導等が実施されます。

運動の中でも有酸素運動(ウォーキングやランニングなど)は
5~7mmHgの血圧を低下させることが報告されています。(Pescatello LS, 2004)
ちなみに論文での運動の内容としては
ジョギング、ウォーキング、ランニング、サイクリングなどです。
運藤時間としては30分以上、できれば毎日を推奨しています。

では、筋トレはどうでしょうか?
週に6日、14日間程度継続、高血圧の場合は約6mmHg、高血圧前症の場合は約3mmHg
正常な血圧の場合は約1mmHg程低下したと報告されています。(MacDonald HV, 2016)

他の報告でも全力(最大筋力)の60%程度で、10〜12回
3セットのトレーニングを週3回以上実施することが推奨されています。

将来の健康のためにも運動習慣を身につけましょう!

※現在高血圧の人は医師の指示の元運動量などを調整するようにしてください。


参考・引用文献
①高血圧治療ガイドライン2019 日本高血圧学会
②Pescatello LS, et al. American College of Sports Medicine position
stand. Exercise and hypertension. Med Sci Sports Exerc. 2004
Mar;36(3):533-53
③MacDonald HV, et al. Dynamic Resistance Training as Stand-Alone
Antihypertensive Lifestyle Therapy: A Meta-Analysis. J Am Heart Assoc.
2016 Sep 28;5(10).
産後ケア教室開催報告(8月5日開催)

(2021年8月11日 13:04)(外来リハビリブログ)

外来リハビリ班、加藤です^_^

8月5日(木)に産後ケア教室を開催しました!
院内で開催するのは、なんと1年半振りです
20210811産後1.jpeg
教室当日の千歳市の気温は30度超え!!
黙っていても汗が出てくる気温です( ; ; )

運動をする前に自己紹介と教室参加を通しての目標をみなさんとシェアしました★
みなさんの目標を聞いて私たちスタッフもさらにやる気をいただきました!!

今回の産後ケア教室は
全6回3ヶ月コースで、産後のからだに必要な知識や運動を組み込んだ内容となっています。

第1回目は『お腹スッキリ編』として、胸郭(きょうかく:胸まわり)と、体幹を支えるインナーマッスルの横隔膜(おうかくまく)と腹横筋(ふくおうきん)についてのお話と運動を理学療法士の渡邊が行いました!
20210811産後2.jpeg
妊娠・出産によって、からだの変化が見た目にも出て、早く痩せたい!引き締めたい!と負荷の強い筋トレを産褥期間が過ぎた後からやられている方もいます。
やり方を間違えてしまうと、尿もれや腰痛など別のマイナートラブルにつながる可能性もあります。

土台となる部分をしっかり動かせるようになることが重要です。
今回は胸郭、インナーマッスルに対する運動を行い、参加された皆さんは-2センチ前後のウエストの変化もみられました★


次回は『尿もれ予防、骨盤底筋編』です!

※現在、産後ケア教室の参加募集はしておりません。
募集を開始する際は、こちらのブログにてお知らせさせていただきます。
日差しについて

(2021年8月 4日 18:19)(外来リハビリブログ)

こんにちは!
北星病院外来リハビリ班です。

本日のテーマは『日差し』です。
最近は気温も高く日光が照り付けて
眩しい日が続いていますね。

普段、意識していない人でも日焼けしたと言う方は
例年より多いのではないでしょうか?

日中に屋外活動される方は気温には注意して行動される方が
多いかと思いますが、実は日の光(紫外線)も健康を守るためには
注意していかなければなりません。

日光の中には目に見える光である可視光線、目に見えない赤外線
・紫外線というものがあります。
温度を感じるのは主に赤外線で、日焼けするのは紫外線になります。

紫外線の働きとしては身体の中でビタミンDを作るのに
使用されます。ビタミンDが不足すると
けいれんなどが発生することが報告されています。
また、殺菌作用もあると言われています。

しかし紫外線は沢山浴びれば良いというものでもありません。
紫外線は皮膚がんや白内障(目の病気)のリスク要因でもあります。

では、紫外線を過剰に浴びない様な予防策としてはどんなものがあるでしょうか?

1つは気象庁で、UVインデックスというもので
その日の紫外線の強さを発表しています。
注意の仕方も簡便な一覧になっています。
20210802外来2.jpeg
ちなみに日本では紫外線は6~8月が最も強いと言われています。

別の予防法としては帽子をかぶることや長袖で皮膚を隠したり
サングラスで目を守ることも推奨されています。

疾患との関係では生涯においての紫外線量との報告があります。
屋外での運動や畑仕事など行う際は、是非、気温と共に
紫外線の量も確認して健康を維持しましょう!



参考文献
①環境省 紫外線環境保険マニュアル2020
②安達 紫外線情報の提供開始について 102:601(紫外線情報;UVインデックス)
北海道千歳市リハビリ病院 外来リハビリ班、朝練で知識・技術向上中 R3.No.11.

(2021年8月 3日 18:24)(外来リハビリブログ)

こんにちは!
北星病院外来リハビリ班です。

朝練です。

テーマは『膝の内側の痛み』です。
痛みを発している組織(筋肉・骨・靭帯など)は沢山ありますが
今回は、その中の一つの膝の内側にある滑液包を中心に行いました。
20210802外来1.jpeg
滑液包とは、名の通り包(つつみ)ですが
役割としては筋肉や骨が動くときに擦れたりして
摩擦で組織が傷まない様に滑りを良くする働きがあります。

なのでその周囲の筋肉などが炎症や手術後などで癒着していると
動きが悪くなり痛みや可動域の制限になってくることがあります。

本日の練習では内側にある
STBと呼ばれる滑液包、その周囲にある膝の内側の半膜様筋と呼ばれる筋肉に関して触診の練習を行いました。


次回も頑張ります!
通所リハビリブログ 第65号 全体音楽療法

(2021年8月 2日 18:02)(通所リハビリブログ)

みなさんこんにちは!
北星病院通所リハビリ広報部です!
今回は月に1度行っているご利用者様全員向けの音楽療法の様子をご紹介します。
 
20210802通所音楽療法①.JPG
20210802通所音楽療法②.jpg
1曲目はこの季節にぴったりな「浜辺の歌」ではじめました。
オーシャンドラムという波の音が鳴る楽器を職員が鳴らしながら利用者様のまわりを歩き、利用者様も一緒に鳴らしていただきました!
皆様、穏やかな様子で耳を澄まして音楽を聴いていました。
 
20210802通所音楽療法③.JPG
2曲目は坂本九の「明日があるさ」に合わせて体操を行いました!
体操の前にこの曲が発売された1963年の出来事をお話すると、「こんなこともあったね~」と、懐かしむ様子もみられました。
当時のお話をし、音楽を聴くことで思い出や当時の体験を思い出すきっかけとなり、回想にも繋がります!
また、音楽に合わせて体操を行うことで、リズムにのりながら楽しく身体を動かすことができます!
 
20210802通所音楽療法④.jpg
3曲目は「村祭り」「東京ブギウギ」に合わせて楽器演奏を行いました。
全員にタンバリンやカスタネット、鈴などの楽器を配り、リズム演奏をしました。
リズムに合わせて元気の良い楽器の音が鳴り響き、とても盛り上がりました!
 
通所リハビリでは、今回ご紹介した全体向けの音楽療法の他にも、毎日少人数での音楽療法を行っています!
ぜひご興味のある方は無料で体験利用も受け付けておりますので、是非ご連絡ください!
以上、北星病院通所リハビリ広報部でした!