北海道千歳市リハビリの病院 変形性膝関節症の研究論文

(2018年8月 6日 10:21)(スタッフの活動)

今年の北海道理学療法(理学療法に関する雑誌)に当院リハビリテーション科の小川、岩間、長山、神、加藤、澤野で作成した論文が投稿されました。
IMG_8393.JPG IMG_8392.JPG

内容は、変形性膝関節症に対する保存療法の効果を示したものになります。

変形性膝関節症は国内に2530万人いるとされています。少しでも患者さんに還元できるようにこれからもリハビリテーション科一同、
努力をしていきたいと思っています。

文責 小川 哲広
北海道千歳市リハビリの病院 平成30年度腰痛予防教室③

(2018年7月27日 10:59)(スタッフの活動)

7月26日、今年度ラストとなる、第3回腰痛予防教室が開催されました。
IMG_8314.jpg  


今回は総集編ということで、第1回、第2回の内容の復習から始まりました。

一生涯に腰痛を発症する割合は8割と言われ、他人事ではない病気です。
一般的には2~3か月で治るものが大半ですが、長引く腰痛には2種類の理由があります。

まずは腰自体の問題、そして脳の不具合の問題です。

腰自体の問題は筋力や腰の反り具合が影響し、脳の不具合は痛みを抑制するホルモンが
問題とのことでした。
講師の澤野君の鉄板ネタの【幸福ホルモン・味噌ホルモン】は、会場から少ないながらも
暖かい笑いを生み出していました!

復習もそこそこに、今回は特別企画【日常生活 それ、大丈夫!?】が開催されました。

日常生活場面での動き方の写真をもとに、腰に良いか悪いかを皆で考えていきました!
IMG_8317.jpg    

全3回の腰痛予防教室も今回で最後となりましたが、参加者の方からは、
「腰痛が軽くなった/良くなった」などの声が聴かれていました。

来月からは膝痛予防教室が開催されます。
膝痛教室.png

こちらもふるってご参加ください!
北海道千歳市リハビリの病院 地域ふれあい交流会に参加してきました!

(2018年7月 2日 10:31)(スタッフの活動)

H30.7.1.日曜日
めいぷる地域ふれあい交流会inしろっぷに参加させていただきました!
IMG_8263.JPG

この交流会は今回で20回目となるそうです。
北星病院の坂井理事が理事長挨拶を行なっていました。
今回は理学療法士による筋力・体組成チェックや健康相談、
屋外健康教室では健康に関する◯×クイズや腰痛チェック、ホクマン体操を実施させていただきました。

IMG_8262.JPG

筋力、体組成チェック、健康相談では意識が高く身体機能が高い方から慢性的な痛みを持つ方まで大勢の参加を頂きました。
屋外健康教室ではホクマンくん、リハビリテーション科の加藤が雨にも負けず体操を楽しく行ってくれました!
北海道千歳市病院 整形外科看護師の一日

(2018年6月19日 11:12)(スタッフの活動)

今月の看護師ブログは整形外来の様子をお届けいたします。
まずは仕事前の朝のストレッチの様子です。
(実際は並んではしていませんが・・・)
1.jpg
外来看護師は病院の顔です。心も体も整えて元気に毎日が始まっています☆
当院は地域密着型の病院なので顔なじみの患者様も多く、アットホームな雰囲気で
日々、患者様と関わっています。
 
さて余談ですが整形の看護スタッフは全員が犬を飼っており、今回は自慢の愛犬を紹介させて頂きます。
2.jpg
    木村りゅう
3.jpg
    崎山あずき
4.jpg
  長岐ショコラ・ラムネ
5.jpg
   佐々木コロ
休憩中や業務後は愛犬の話で盛り上がったり。これから夏になるので病院隣の遺跡公園で
思いっきり遊ばせてあげたいなと思います。動物って癒されますよね!整形外来からお届けいたしました!

北海道千歳市病院 看護師ブログ始めました!

(2018年4月26日 10:38)(スタッフの活動)

皆さんこんにちは~(^^)/
北星病院非公認ゆるキャラのホクマンです!

今月からは看護師さんのブログも紹介していくよ~

研修で頑張って勉強している様子や、北星病院での1日の業務の様子なんかを
お届けするよ~

北星病院の看護師さんはほとんどが子育てを頑張りながら働いてるんだ~
だから経験もあるし、優しいって評判なんだよ~★

もし、ブログを読んでみて、北星病院の看護師さんのやさしさや一生懸命さが
伝わったらうれしいな~(^^)


新年度★初めての研修

私たち看護部では、職員への教育を目的に年間計画を立て全職員を対象とした研修を毎年行っています。

今年度、最初の職員研修は安全教育研修。
001.JPG  

4月13日と19日の2回に分けて行われました。
内容は「MRI」と「画像を見て日常のエラーを振り返る」の豪華2本立て!!
 
当院では6月からMRIが導入されます。
今はまだ、こんな感じですが・・・  
DSC_0881.JPG

稼働前にMRIの基礎知識を教えていただきました。
点滴台がMRI機器にささっている様子です。
吸着事故ってとても危険でこわいですね。
IMG_20180419_215958.jpg

この研修に限らず当院の研修の特徴は、
日常のよくある風景の映像を見て、おかしいな、これはないよね・・
というようなことをまわりのみんなと語り合うフリースタイル研修です。

たくさんのスタッフが参加しています。
005.JPG

日頃の業務を振り返るって、なかなか時間が取れないものですが、
このような機会に自分のしていることを再確認して、みんなのいいところを
真似して日々の業務に活かしてみるのも良いと思います。

文責 看護部 大場
神直之のランニング講習会 北海道千歳市のリハビリ病院

(2018年3月 1日 13:56)(スタッフの活動)

ホクざえもんでござる。
ブログほくざえもん.jpg

今日の千歳市は風が強く、雪が降り続いているでござるが、各々方は息災でござろうか?
拙者はちょっと身体が重いでござる.....

(最近、拙者は万年でござるが...)冬は運動不足になりがちでござるな。
今日の雪を見るまでは、そろそろ春♪と思っていたでござる。

さておき、暦は3月。
ランナーの皆さま方も活動開始でござるな。

そんな方々に朗報!千歳市体育協会さん主催のランニング講習会が開催されるでござる。
講師は当院リハビリテーション科の神直之殿でござる。
言わずと知れた現役の理学療法士にしてアスリートの御仁でござる。

下記をご確認のうえ、ふるってご参加くだされ~


ランニング講習(新)32.jpg


日 時 2018年3月20日(火) 18:30~20:00
場 所 千歳市スポーツセンター 第2体育館
   (ダイナックスアリーナ)
対 象 千歳市内にお住いの中学生以上の方
参加費 無料
講 師 神 直之(じん なおゆき)
    北星病院 リハビリテーション科 理学療法士
内 容 ケガを予防する走り方や体操

申込先 千歳市体育協会 振興課 ☎0123-22-4150
期 限 2018年3月17日(土)まで
第9回千歳臨床医学研究会の報告でござる 北海道千歳市のリハビリ病院

(2018年2月 3日 23:59)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

拙者、ANAクラウンプラザホテル千歳で開催された「千歳臨床医学研究会」に行ってきたでござるよ。
この研究会は千歳医師会が主催で今年で第9回目でござった。


IMG_1224.JPG

拙者は診療報酬が大好物でござるが、他者の発表を聴くのもスライドを見るのも大好きでござる。色々な刺激や知見が得られるでござろう?

北星病院の第一陣は、2階一般病棟から原殿と池田殿が登壇。

IMG_3081.JPG IMG_1228.JPG

一番大きな会場のトップバッターを務めたでござる。
演題は「入院業務整理への取り組み~アナムネーゼ用紙を改善して~」で、未記載率の減少、職員の情報利用のしやすさなどを向上させた取り組みを、落ち着いて発表したでござる。

なぜか、拙者の方がドキドキしたでござるよ。

第二陣はリハビリテーション科の山下殿が出陣!

IMG_3095.JPG IMG_1232.JPG

演題は「高校部活動の障害予防・パフォーマンス向上における理学療法士の役割」でござった。
緊張していたとのことでござったが、いつも沈着冷静でクールな山下殿は先行研究を立証し、次へのステップに繋げたでござる。将来、山下殿の研究結果を追いかける理学療法士が現れる予感がしたでござるよ。

座長では、「リハビリテーション2」で医療技術部長(リハビリテーション科 科長を兼任)の川島殿がいつも通り、落ち着いた様子でセッションをまとめていたでござる。
さすがでござるなぁ~

IMG_3103.JPG


「地域連携」のセッションでは水梨殿が座長を務めたでござる。
拙者、こっそり地域連携室をのぞいたでござるが、しっかり準備していたでござる。
当日も初座長とは思えぬほど堂々とした座長っぷり。


IMG_3113.JPG
IMG_3129.JPG


たくさんの演題を見聞きして、拙者は充実の一日でござった。
来年は北星病院からもより多くの発表がなされると、さらに充実するでござるな。








第2回スポーツ教室を開催! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2018年2月 1日 23:59)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

本日はリハビリテーション科の神直之殿がスポーツ教室を開催したでござるよ~
スポーツ教室は第2回目で、今回は「ランニング障害とその予防」をテーマに、スポーツ指導者の方々を対象におこなったでござる。


IMG_1140.JPG

参加者の中には、東京マラソン2018に出場される方もいらっしゃったようでござる。
 

教室ではスポーツ障害に関係する座学のあと、骨盤の前後傾のテストや片脚での立ち上がりテストを通して、現状の身体の状態を確認してもらったでござる。

IMG_1142.JPG

 

簡単に出来るストレッチ・体操を紹介したので、スポーツでのケガ予防に繋がると嬉しい!と神(じん)殿も語っていたでござる。

 

IMG_1148.JPG IMG_1153.JPG
IMG_1157.JPG IMG_1141.JPG


 

今後も現役ランナーの神直之殿が経験と理学療法士としての知識を融合し、教室を開催ていくでござる。

次回もたくさんの方のご参加をお待ちしておりますぞ!



日本病態栄養学会で演題発表(口演)しました! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2018年1月14日 23:43)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。

ブログほくざえもん.jpg

拙者、実は京都に行ってきたでござる。
いやいや、観光ではござらん。

管理栄養士の高橋殿と長山殿が演題発表をするということで、共同演者の道下殿に連れられて拙者も同行してきたでござる。

発表の舞台は京の都、国立京都国際会館で開催された「第21回 日本病態栄養学会 年次学術集会」でござる。


leaflet.png

お一方は高橋千加殿(栄養科 科長)
演題は「慢性期患者における新しい食事療法がもたらした費用対効果」でござる。


IMG_0674.JPG

2017年6月から新しく採用した食事療法(ロイシンなどの分岐鎖アミノ酸(BCAA)を2倍に強化したり、コラーゲンペプチド、微量元素などを付加した食事)により栄養状態が改善したことで、筋肉量の維持ができ、さらに感染症を発症しにくくなったり、脂質異常や高血圧、便秘などが改善し、投与する薬剤を減らすことができたことなどを発表したでござる。

IMG_2812.JPG IMG_2819.JPG

当院は薬剤費が入院料に含まれる病室が多く、経営にも寄与するわけでござるな。
また、患者さんにとっても服用する薬剤が少ないというのは嬉しいことでござる。
そして、医療費の削減にもつながるわけでござる。

落ち着いた質疑応答もさすが あっぱれでござった!


お二方目は北星館の長山詩織殿でござる。
演題は「低栄養を改善した老健施設における栄養療法の新しい取り組み」でござる。


IMG_0675.JPG

北星館も2017年6月から新しい栄養療法が始まり、長山殿も奮闘していたでござる。
北星館は介護老人保健施設で、病院とは臨床データや人員数も異なるでござる。
北星館の方が病院よりも栄養療法による利用者さんの変化が見えやすいとも取れるでござるな。
(評価する臨床検査データは不足しているかもしれないでござるが...)



IMG_2830.JPG IMG_2836.JPG

ロイシンなどの分岐鎖アミノ酸(BCAA)を2倍に強化した食事は上腕周囲長などが増加し、開放療法の一環として実施した「寿司テスト」でも改善が見られたとのことでござった。

導入した強化食が認知機能を維持しつつ、栄養状態の改善と筋量を増加させることができることを示した発表でござった。誠あっぱれ!

「食を通じて入所者さんのQOL(生活の質)の更なる向上に取組んでいきたい」
そう話す長山殿の言葉を高橋殿も頷きながら聴いていたでござる。

対象者は患者さん、利用者さん
施設が提供するのは医療、介護
異なるところもあるでござるが、アツい心意気は同じでござるな。


北星館に出没! ホクマンファミリー 千歳市のリハビリ病院

(2017年12月20日 19:44)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

昨日から何やらお隣の北星館がにぎやかでござる。
気になった拙者は様子を見てきたでござるよ。

北星館に入ると甘い香りが・・・・
そして、デイケアの利用者さんがニコニコ笑顔で長蛇の列を作っているではござらんか!


2017-20-12-19-05-59.png

列の先を覗いてみると、なんと!
色とりどりのデザートがところ狭しと並んでいるではござらんか‼

拙者は甘いものは好んで食すことはないのでござるが、思わず手が伸びたでござる。


2017-20-12-17-52-54.png

いやはや、何とも見事なものでござるな~

2017-20-12-17-49-56.png

ヨダレが垂れそうになるのを堪えつつ、よく見てみるとホクマン殿たちもいたでござる。
北星館のデイケア利用者さんたちに楽しんでいただけるように出没...いや、出張したのでござるな。


2017-20-12-19-21-53.png 2017-20-12-19-26-24.png 2017-20-12-19-23-20.png 2017-20-12-19-27-12.png
ホクマン殿 ホクミン殿 拙者 うめ子殿
2017-20-12-19-25-28.png 2017-20-12-19-28-29.png 2017-20-12-19-24-28.png
ホクじい殿とホクばあ殿 うめ子殿の父君とリス よく見るとココにも拙者が!

利用者さんたちも楽しそうでござったが、参加しているスタッフの皆も実に楽しそうでござった。
拙者もその様子を見て、嬉しくなったでござるよ。


IMG_2560.JPG



第18回 健康教室を開催! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年10月11日 19:37)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ごぶさたホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

今回は9月28日(木)に開催した第18回目となる健康(転倒予防)教室のご報告でござる。
リハビリテーション科健康教室係の小川殿を筆頭に加藤殿、三浦殿、渡邉殿の4名が担当し、25名の方が参加されたでござるよ。

では、小川殿に交代するでござる。


第18回 健康教室 (転倒予防)
みなさん こんばんは。
北星病院リハビリテーション科 健康教室係の小川です。

もう北海道の石北峠では雪が降ったとの知らせが入りましたね。
北海道民にとっては嫌な季節がやってきました。雪で滑って転倒も怖いし、気温も低いし・・・
何かと外出機会が減りますよね。

外出機会が減ると、体力も落ちるし、体重も増えるし、他者との交流も減るし・・
良いことが全くありません。

そこで、今回の転倒教室は転倒しない元気な心と身体つくりを目的に「コグニサイズ」を用いて実施しました!
みなさんは「コグニサイズ」をご存知ですか?
Cognition(認知)Exercise(運動)を合わせた言葉で、脳と体の機能を効果的に向上させる運動です。
基本の動きは、床にマス目になるようにテープを貼り、その上を数を数えながらステップを踏んで前進していきます。徐々にレベルを上げ、3の倍数で手を叩きステップを踏んでいくなど、参加者のみなさんには様々な「コグニサイズ」を体験してもらいました。

2017-11-10-20-20-16.png 2017-11-10-20-21-59.png


行ってみると実は意外に難しいのです。
頭を使うと足が出なくなる。
足を意識すると数字がわからなくなるなど、参加されたみなさんは悪戦苦闘していました。

普段の生活で、考え事をしていると転ぶ・・・
歩きに集中していると周囲に気づかなくなるなど、「認知」と「運動」は切っても切り離せません。
「コグニサイズ」はより転倒予防に貢献できる運動であると考えています。

今後も継続して行っていくので、みなさんも参加してみませんか?


次回 健康教室のお知らせ
テーマ  転倒予防教室

日 時  平成29年11月30日(木) 13時より(1時間を予定)

場 所  北星病院 通所リハビリセンター2階
     千歳市清流5丁目4-2

担 当  リハビリテーション科 健康教室係
     小川 哲広(おがわ てつひろ) 理学療法士

お電話  0123-24-1121




千歳JALマラソン ハーフV3 神メソッド スポーツ教室始動!

(2017年10月 1日 10:29)(スタッフの活動)

ごきげんよう。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

朝晩(寒いくらい)涼しくなり、すっかり秋でござるな。
秋の夜長、何をしてお過ごしでござるか?
食欲の秋、読書の秋、色々あるでござるな。
(拙者は食欲の秋)

今日は、スポーツの秋にピッタリなスポーツ教室のお知らせでござるよ。

講師は千歳JALマラソン(ハーフ)3連覇中の神直之殿でござる!
神殿は北星病院で理学療法士として働きながら、トップアスリートとして活躍しているわけでござるが、理学療法士になってからの方が成績が良くなったそうでござる。

なにゆえ?
神メソッドが知りたければご参加くだされ~


0001 (4).jpg

スポーツ教室 第1弾 
「理学療法士によるケガ対策講座」
日 時  平成29年10月24日(火) 18:00~19:30
会 場  北星病院 通所リハビリセンター2階
     千歳市清流5丁目4-2
対 象  スポーツに関わる方
     指導者・競技者など どなたでも参加可能です
持ち物  上靴・飲み物
申込先  北星病院 リハビリテーション科 スポーツ教室係
     神 直之(じん なおゆき)
     ☎0123-24-1121

     もしくはリハビリテーション科のスタッフにお声がけください。






卒業でござる 訪問栄養食事指導(居宅療養管理指導)

(2017年9月17日 16:44)(スタッフの活動)

ご無沙汰でござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

今回は、管理栄養士が退院後も継続して介入していた患者さんの卒業回でござる。
卒業回に選んだメニューは患者さんの大好物、シーフードピザでござる!
(拙者もピザと葡萄酒が好き)

まずは生地づくりでござるが...


2017-17-09-17-52-31.png 2017-17-09-17-53-35.png

以前は左上肢は拘縮して動きが悪かったのでござるが、しっかり挙上して支えようとする動作も見られるようになったでござるよ。

生地には塩麹を入れ、柔らかふっくら仕上げでござる。
ボールでゆっくり湯煎しながらイースト菌の発酵を待つでござるよ。


2017-17-09-17-54-49.png


ピザソースはサルサソースを選択し、塩分を制限しているでござるよ。
腎機能回復のため、エネルギー調整をおこなう脂質調整もしっかり指導させてもらったでござる。
(拙者も指導が必要...?)



2017-17-09-17-56-11.png

それにしても、美味しそうでござるな。
こんな栄養食事指導なら、拙者も受けてみたいでござるよ。


2017-17-09-17-59-08.png

ずっと携わってきた患者さんが卒業するのは、非常に嬉しいことでござる。
それと同時に寂しい気持ちもあるでござるが、改善して卒業していただくことは拙者たちの使命でござる。
今後は他サービスで関わりを持たせていただくでござるが、笑顔で楽しく生活していただけると嬉しいでござる。

第17回 健康教室を開催! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年8月30日 23:25)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg


拙者、最近お疲れモードでござる。
一日中、同じ姿勢でデスクに向かい、首痛と肩こりに悩まされているでござる。

各々方も経験があったり、現在悩んではござらんか?
そんな方にぴったりの健康教室を開催したでござるよ。

ここからは、健康教室マイスターでおなじみの小川殿にバトンタッチでござる。



2017年8月17日 第17回 健康教室
みなさん こんばんは!
リハビリテーション科の小川哲広です。
 
平成29年8月17日(木) 第17回健康教室を開催しました!
今回は「肩・首こり教室」をテーマに理学療法士の岩間、太田、長山、小川の4名で開催しました。

皆さん 1度は肩がこったことがありませんか?
だんだん体が硬くなっていないでしょうか?

厚生労働省の調査によると、風邪より肩こりで病院へ受診する方のほうが多いという結果だったんです!
意外ですよね・・・

肩や首のこりの原因は様々ですが、主に運動不足や長時間同じ姿勢が続くことで発症するとされています。
デスクワークの方は特になりやすいようです・・・
(ホクざえもんさんもコレですね)

今回、参加された方の中にも慢性的な肩こりで悩まされている方もいました。
今回の教室では参加者全員で「肩・首こり撲滅体操」として、肩だけではなく骨盤や背骨をしっかり動かし、根本の原因から解消する運動を紹介しました。
運動前後で肩や首の動きや痛みをチェックしましたが、ほとんどの方が変化を実感されていました。


2017-30-08-23-24-45.png

また、「1人では なかなか できないけど、みんなとなら体操を頑張れる!」という声もあがり、とても良い雰囲気で終えることができました。


さて、来月は転倒予防教室です。今年の冬に備えて一緒に「転ばない体作り」をしましょう!
みなさんのご参加を心よりお待ちしています。
 
次回の健康教室のご案内 
日 時:9月28日(木) 13:00より1時間程度
場 所:北星病院 通所リハビリセンター2階 会議室
テーマ:転倒予防教室
担 当:小川 哲広(理学療法士)

    
 






自宅で美味しい手作りうどん 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年8月 6日 15:31)(スタッフの活動)

今日は良い天気でござるなぁ。

ごきげんよう。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

この陽気だと寝不足の拙者はウトウトしてくるでござる。
今回はうめ子殿から4日におこなった訪問栄養指導の報告でござる。

ではでは、バトンタッチでござる。


金長梅子_エプロン.png
みなさん こんにちは!
うめ子だPON!

管理栄養士の高橋さんについて、患者さんのお宅を訪問してきたPON!
なんと作ったのは讃岐うどん!

患者さんでも噛めるコシにするため、薄力粉を選択だPON!
よぉ~~く まぜまぜ、コネコネ

2017-06-08-16-04-17.png 2017-06-08-16-05-20.png

全体がなじんで粉っぽさがなくなったら、ひとつにまとめてビニールに入れて、今度はフミフミ
2017-06-08-16-07-10.png 2017-06-08-16-08-06.png

なんだかこんなシーンを宇○兄弟で読んだPON!
ほんとにできるんだPON!

寝かせて伸ばしたら、お好みの太さにカットだPON!

2017-06-08-16-09-02.png  

合わせて作ったかき揚げはソフト食!
噛む力が弱くても、ハシでスッと切れる柔らか仕上げだPON!

盛りつけたら、おいしい讃岐うどんの完成だPON!
患者さんと息子さん、一緒にいった訪問看護師さんもビックリのおいしさだったPON!

2017-06-08-16-10-42.png 2017-06-08-16-12-58.png

うめ子殿 報告ありがとうでござる。

ちなみにつゆは市販のめんみでも美味しいけれど、ウナギのかば焼きのタレやソラチ豚丼のタレを混ぜると、お店で出るようなおいしい「かえし」の代わりになるそうでござるよ!

お試しあれ~





第16回 健康教室を開催! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年7月30日 23:40)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

今日も良い天気でござったな。
拙者はお隣りの苫小牧市に涼みに行ってきたでござるよ。
涼しかったでござるが、舟を漕いで結局汗だくになったでござる。

それはさておき、今日は7月20日(木)に開催した健康教室のご報告でござる。
今回でもう16回目でござる。あっぱれ!
ではでは、リハビリテーション科の小川哲広殿にバトンタッチでござる。


第16回 健康教室「膝痛教室」
みなさん、こんばんは。
リハビリテーション科 理学療法士の小川哲広です。

今回は膝痛教室というタイトルで理学療法士の小川・前川・山下の3名で漢くさく開催しました。

皆さんは、一度は膝が痛くなったことがありませんか?
だんだんO脚が進んでいませんか?

厚生労働省調査の調べでは、要支援となる原因の第1位が腰と膝の変形(関節症)とされ、膝が痛くなることは国民病であると言わざるを得ないのです。

今回の健康教室ではピチピチ!?の男性職員が、膝が痛くなる原因・予防・対処方法までをクイズを交えながら説明してくれました。


健康教室.png

また、現在どのくらい膝の変形が進んでいるかのチェックを行い、時おり叫び声が飛び交う(笑)場面もありました。

膝が痛くなる要因として・・・
①太ももの力が落ちる
②膝が曲げ伸ばしづらくなる
③肥満傾向
以上の3つが代表的な体の変化となります。皆さんは当てはまるものはありませんか?
当てはまるものがあり、心配な方はご遠慮なくご相談くださいね。

担当 リハビリテーション科 小川哲広(おがわ てつひろ)
 
さて、次回の健康教室は「転倒予防教室」でござる。
ぜひご参加くだされ!

日 時  8月17日(木) 13時から1時間程度
場 所  北星病院 通所リハビリセンター 2階会議室
申込先  北星病院リハビリテーション科 小川 哲広(おがわ てつひろ)
     ☎0123-24-1121



ホクマンヨサコイ at グループホーム向陽台

(2017年7月29日 16:05)(スタッフの活動)

ご無沙汰でござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

今日の千歳はとても良い天気で絶好のお祭り日和でござった。
そんな陽気の中、ホクマン殿がグループホーム向陽台さんのお祭りにお呼ばれして、仲間たちと「ホクマンヨサコイ」を披露するということで、拙者も行ってきたでござるよ。

会場に入ると、グループホームのスタッフさん、入居者の皆さん、集まってくださった皆さんやお子さんまで、ホクマン殿とホクミン殿のお面をつけて歓迎してくれたでござる。
グループホーム向陽台の皆さんが用意してくださったとのことでござった。
温かいお心遣い、誠に痛み入るでござる。

これを受けて、ホクマン殿たちもやる気マンマンでござった。




まずはホクマン体操から開始!
ホクマン体操も皆さんで一緒にやってくださり、あったかい雰囲気でござった。
ホクマン殿の☆が光っていたでござる。


0471.jpeg 0495.jpeg


金長うめ子殿と高橋殿(管理栄養士)の威勢のいいかけ声で、いよいよホクマンヨサコイ演舞開始!
0498.jpeg

誰でも簡単に楽しく踊れる(参加できる)ように、綿密に考えられたホクマンヨサコイはお子さんたちやグループホームのスタッフの皆さんや入居者の皆さんにも大好評でござった。
(拙者はリズム感-零-でござる。)


0508.jpeg 0581.jpeg

最後のポーズもバッチリ決まって、かっこよかったでござる。

0600.png


演舞後にお子さんたちや集まってくださった皆さんに花火やシールをプレゼントしたでござる。

0609.png

集まってくださった皆さんと、たくさん準備してお招きくださったグループホーム向陽台の皆さんに心から感謝申し上げるでござる。

ホクマン殿の出張依頼は・・・・
リハビリテーション科の河端殿、地域連携室の水梨殿、運営企画室の道下殿のいずれかにお申込みくだされ!


食事と調理で笑顔に元気に! 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年7月13日 12:12)(スタッフの活動)

ごきげんよう。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

できないと諦めていたことができるようになると、人はかくも変わるものなのでござるな。
この患者さんは発症間もない頃はだんなさんに「私がやるからいいよ」(やさしいでござる)と言われて、「もう私はできないんだ。私の料理を美味しいと食べてくれる人はいないんだ」と諦めていたそうでござる。

北星病院に入院中は、回復期リハビリ病棟で懸命にリハビリし、看護師や介護職員、担当リハビリ職員、管理栄養士などが共同で介入していました。
「何とか在宅生活に戻ってからも楽しく暮らしてほしい」そんな思いがあったでござる。

不全片麻痺があっても工夫次第で誰かのためにお料理もできるし、美味しいって言ってもらえる。
先日お伝えした「うめ子グッズ」もその一環でござった。
指導というより、患者さんと一緒に悩み、一緒に考えて作り上げた取り組みは先日お伝えした通りでござるが、今回は娘さんのためにクレープも作ったでござるよ。


IMG_6933.JPG  IMG_6935.JPG

片手でもハサミも使えるし、卵も割れるでござる。
美味しいと言って笑顔で食べてくれるのを想像すると嬉しいでござる。


IMG_6938.JPG IMG_6940.JPG
IMG_6941.JPG IMG_6944.JPG

楽しくて仕方ないでござるな。
作っている自分も美味しそうで、食べてくれるところを想像するだけで口元が緩むでござる。


2017-14-07-17-24-47.png

この笑顔を見ると「まだまだ、たくさんの患者さんを笑顔にするぞ!」ってやる気が湧いてくるでござるな。患者さんが良くなれば卒業してしまい、寂しいこともあるでござる。しかし、拙者たちの任務は患者さんに元気になってもらうこと、楽しく暮らしてもらうことでござる。

たくさんの患者さんたちを元気に笑顔にするために、まだまだ精進するでござる!


「食」で元気に~作る・食べる~ 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年6月24日 04:12)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

各々方の夕食はなんでござったか?
拙者は・・・麦酒(恥)

それはさておき、拙者は常々「食」には人の幸せや喜び、生を感じる力があると考えているでござる。

脳疾患を患い、片麻痺になったけど家族に美味しいご飯を作りたい。
嚥下(飲み込み)機能が低下したけど、美味しいものを食べたい。
無事に退院して帰ってこれた家族に、美味しいものを食べてもらいたい。

北星病院のスタッフも拙者も、その思いに全力で応える所存でござる。

入院中はたくさん関わりをもてるでござるが、ご自宅に戻られた後は不安でござろう。
しかし・・・ご安心召されい!
スーパー管理栄養士が訪問栄養食事指導(要支援・要介護認定者は居宅療養管理指導)で万全のフォローをするでござるよ。


1.png 2.png

片麻痺でもお米を研げると嬉しくなり、生活にも張りが出るでござる。

3.png 4.png

暑い日が続くときには夏バテ予防のメニューでござる。
マンゴーのデザートは杏仁霜から作った杏仁豆腐に排便コントロールに有効なマル秘材料を練り込んだマンゴープリンに、放熱作用があるミントを添えているでござる。
ブルーベリージュレも爽やかでござるな!


5.png 6.png

患者さんのご自宅で食材の選定から調理のアドバイスもおこなうでござるよ。
この日はトリの葛タタキとシソ豆腐、メインはフキご飯でござった。

拙者の夕食とは大違いでござる・・・

管理栄養士の指導をご所望の場合は気軽に連絡くだされ。






15回目の健康教室は転倒予防教室 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年6月21日 15:30)(スタッフの活動)

今日はジメジメ北海道。
ジメジメが苦手なホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

本日は、6月14日に開催した健康教室の報告がリハビリテーション科の小川殿から届いたでござる。
では、小川殿にバトンタッチ!


第15回 健康教室の様子
ざえもんさんからバトンを受け取った、リハビリテーション科 理学療法士の小川です。

 平成29年6月14日(木) 第15回健康教室を開催しました!
 今回は「転倒予防教室」というタイトルで理学療法士の私、加藤、三浦、渡辺の4名で開催しました。
 3月に行われた転倒予防教室に引き続き、渡辺が転倒について説明をさせて頂きました。
 しかし・・・当院リハ科の女性職員による強烈なまでのプレゼン力・・・。くやしい程に笑いをしっかり取っていました。


2017.06.14-2.png

 その後、転倒チェックとして40cm、30cm、20cm、10cmからの立ち上がりテスト。大股2歩でどのくらいの距離前に進めるかの2stepテストを実施しました。前回参加者の全員が前回の値よりも好成績を残し、参加者の皆さんの安堵した表情が印象的でした。

 運動は今回から初登場のフマネットを利用した体操を行いました。網状となった枠の中に様々な足踏みのパターンで前に進んで行きます。見ている側も行う側も大盛り上がりの内容でした。


2017.06.14-1.png

 毎月行っている北星病院 健康教室。今では他の病院関係者からも、「どのように行っているのか?」という問い合わせや、実際に見学に来られる等、注目度も上がってきているように感じます。

より地域のために!
健康のために!

私たちにできることを、着実に行っていきたいと思います。

訪問栄養食事指導に行ってきました  北海道千歳市 リハビリ病院

(2017年5月29日 20:10)(スタッフの活動)

お久しぶりでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

各々方は息災でござったか?
拙者は・・・
まぁ、拙者の話は話は置いておくでござる。

管理栄養士の高橋殿が5/26に患者さんのお宅に行ってきたでござるよ。
ん? 何故かと?

今回の患者さんは嚥下(飲み込むこと)障害があり、食事の形や固さなどの調整が必要なのでござる。
そして、患者さんの息子さんがお母さん(患者さん)の食事を自分で作り、介護したい!という強い希望に応えるために伺ったのでござる。あっぱれでござるなぁ。

以下はウメ子殿からの伝聞でござる。


しかし、料理をするのは初めてとのことでござった。
今回は2回目でござったが、初回と比べてずいぶんと修行された様子が伝わったようでござるよ


2017-29-5--18-08-31.jpeg 2017-29-5--22-42-01.jpeg


この日は、患者さんの希望で
★海鮮チラシ寿司
★レンコンすり身揚げ
★インスタント澄まし汁を使ったすり流し汁

3品の予定でござったが、
当日になり息子さんから急遽ご相談いただき、「お餅がたくさん残っている」とのことで、ご家族が大好物の揚げ餅のぬれ煎餅を保存食として作ったようでござる。

2017-29-5--18-51-05.jpeg

便秘や咀嚼(ものを噛みくだく)に不安があると、レンコンのように硬い物は避けられがちでござるが、すりおろしにすることで軟らかく、ある程度弾力もあり、咀嚼訓練も出来るとのことでござるよ!
なんといっても、不足しがちな食物繊維をたくさん摂ることができるでござるし。
 
在宅介護をしたいけれど…お料理もしたことがなく迷ったり、困っている方は北星病院にご相談あれ!

2017-29-5--19-20-24.jpeg

この日は終始笑顔が絶えず、調理から食事までみんなで楽しめたようでござるよ。
腰が痛くなるのは脳のせい?? 北海道千歳市 リハビリ病院

(2017年5月17日 02:49)(スタッフの活動)

おばんでござる。
過労死リスクチェックが高リスクのホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

実は・・・拙者は腰痛持ちでござる。
剣術の修行に明け暮れて夢中になっているうちは良いのでござるが、翌日目が覚めると動けないこともあるでござるよ。
(え?ただの運動不足? 無礼者め)

各々方は腰痛と脳の関係についてご存知でござるか?
拙者の腰痛は、剣術修行だけではなく脳からきているかもしれないでござる。

そんな拙者にうってつけの「腰痛と脳」をテーマにした健康教室が先日開催されたとのことでござる。
とのこと…というのも、拙者一時間間違えて参加し損ねたでござる(汗)
不覚!

さて、気を取り直して、リハビリテーション科の小川殿からの報告でござる。


2017年5月11日 北星病院リハビリテーション科主催 健康教室
2017年5月11日(木) 第14回健康教室を開催しました。
今回は「転倒予防~腰痛と脳~」をテーマに理学療法士の小川・神・澤野の3名で開催し、約30名の地域の方々にご参加いただきました。

リハビリテーション科の澤野が、「腰痛と脳との繋がり」について、科学的根拠を交えて説明してくれました。


2017.05.11-1.png

皆さんは腰痛を感じたことが一度はありませんか?
2013年度 厚生労働省の調査によると身体に感じる自覚症状の男性の第一位、女性の第二位が「腰痛」という結果でした。また、85%の腰痛はレントゲンに写らず、これを非特異的腰痛(ひ とくいてき ようつう)と言います。この非特異的腰痛の66%はストレス、不安、鬱(うつ)などの心理的・社会的要因が関与しているとされています。簡単に言いますと・・・「考えすぎは腰痛の天敵!」ということです。
 今回の教室では、腰痛の精神的関与のチェックと腰痛予防体操を参加者全員で行いました。
楽しみながら・・さらに、同じモチベーションの人達が集まる中で・・・


2017.05.11-2.png

今回の教室そのものが腰痛を軽減するきっかけになればと思っています。


次回の教室開催のお知らせ
【日時】 2017年6月13日(木) 13時より1時間程度を予定
【場所】 北星病院 通所リハビリセンター 2階
【内容】 転倒予防
【担当】 リハビリテーション科 小川 哲広(おがわ てつひろ)
入院中でも季節を感じる 北海道千歳市 リハビリ病院

(2017年5月 8日 23:51)(スタッフの活動)

おばんでござる。
お久しぶりのホクざえもんでござるよ。

ブログほくざえもん.jpg

入院しているとき、何が楽しみでござろうか?

治療効果が出て、回復してきたこと?
ご家族が会いに来てくれたこと?
スタッフが優しく接してくれたこと?
もうすぐ家に帰れること?

どれも楽しみなことでござるな。
拙者は食いしん坊ゆえ、見た目も味も良い食事も楽しみでござるよ。

季節を感じられる食事なら、なおのことでござろう。


Image_7958207.jpg

5月といえば、端午の節句。
患者さんと利用者さんに季節を感じていただけるよう、栄養科が頭をひねり、腕によりをかけて作ったお食事!
いかがでござろうか?

鯉のぼりの箸袋はもちろん、小鉢の鯉も練りきりの和菓子でござる。
技術力が高いでござろう?

加えて手間暇惜しまず、食べる人の「楽しみ」と「満足」を視覚と味覚の両方から追及したでござる。
(オムレツもお一人ずつ手巻きでござるよ。)

誠にあっぱれでござるな!
(拙者も食べたい)
認知症ケアの取組みについて取材を受けました! 千歳市 リハビリ病院

(2017年4月19日 20:35)(スタッフの活動)

おばんでござる。
今宵は早い時間に登場のホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

(第一三共株式会社発行・メディカルクオール株式会社制作)
情報誌「みるみる」に掲載していただけることになったでござる!

4月18日のお昼過ぎから道下殿と拙者はソワソワ。
取材当日の北海道は風が強く吹き、飛行機は大丈夫でござろうか?
そんな心配をしていたでござるが、無事に取材陣の皆さま方が到着。

当院自慢の通所リハビリセンターで取材していただいたでござる。


IMG_5877.JPG

北星病院では
「なぜ認知症ケアに力を入れているのか」
「実際に誰がどんな取り組みをしているのか」
「院内でどのように認知症に対する共通認識を持ってもらったのか」

などなど、真摯に、ときに和やかに回答させてもらったでござる。

認知症ケアに関する研修を受講して研鑽している看護師チームから田中殿、大場殿、鮱名殿。
身体拘束ゼロに取り組む、身体拘束ゼロ委員会から鮱名殿(研修受講も)。
やさしさを伝え、やさしさを感じる対応を実践するユマニチュードチームから岡山殿。
認知症ケアや様々な取組みや考えを共有するホクマン★カフェを運営する有澤殿。

北星病院の認知症対応力向上の核となる組織の代表者に対応してもらったでござる。

あっ・・・失念していたでござる。
直接ケアはせぬが、頭を使う運営企画室の道下殿も取材対応していたでござる(失敬)。

これから出版される情報誌ゆえ、詳しい内容までは語れぬでござるが、6月末頃に完成予定でござる。
楽しみに待っていてくだされ。

「こうして外部の方が発行する情報誌に掲載されることは、患者さんのために一生懸命取組んでいるスタッフの活動への最大限の肯定になる。」
そんなことを拙者は思っているでござるよ。
家事〇もん⁉ホクざえもん⁉ いや、高橋! 千歳市 北星病院

(2017年4月13日 01:44)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

今宵はいやに冷えるでござるな~
こんな夜は熱燗・・・いやいや、熱い味噌汁が飲みたいでござるな。

昨日は金長うめ子殿の姿が見えぬなと思っていたら、栄養科の高橋殿と村田殿に連れられて外出していたようでござる。
(それで静かだったのでござるな?)

さて、何をしに、どこに赴いたかというと・・・
千歳市内のグループホーム「ぬくもりの里」(グループハウスぬくもりの家さんもあり)さんにおじゃまして、集団栄養食事指導も兼ねて、お料理教室をおこなってきたようでござるよ。
ぬくもりの里さんへは従前から居宅療養管理指導で関わらせていただいていたでござる。

今回はなんと!当日伺って直接冷蔵庫の中の食材を確認させていただき、その場で献立を考えて10名分の調理をおこなってきたようでござる。
食材料、栄養素はもちろん調理方法や食べ合わせまでレクチャーしてきたとのこと。

管理栄養士とは誠あっぱれな志を持っているのでござるな!


IMG_2014.JPG 冷蔵庫物色中
IMG_2007.JPG IMG_2011.JPG

家事〇もんも驚嘆するような調理で、普段料理をせぬ拙者は脱帽でござる。

タマネギの皮、ニンジンのヘタなどの捨ててしまうような部位も、栄養バランスや食感、食べ合わせも考えて調理に使用したそうでござる。
あ、あっぱれでござる。


IMG_2015.jpg IMG_2023.JPG

指導もきっちりとおこない、いざ実食!

目にも舌にも美味でござる!


IMG_1997.jpg IMG_2003.JPG

仲間と美味しいものを食べるのは幸せなことでござる。
それは歳を重ねても変わりなく、口から栄養を摂るということは決して当たり前のことではなく「幸せなこと」なのでござるな。

また、今回のレシピは
・嚥下障害
・唾液分泌量の低下予防
・排便コントロール
・貧血
・生活習慣病予防
・廃用症候群
などなど、多種多様な症状や疾患に効果が期待されるとのことでござる。

拙者「医食同源」という言葉が頭に浮かんだでござるよ。
食というものは心にも身体にも尊いものでござるな。
「食」は大事 北海道千歳市 リハビリ病院

(2017年4月 7日 02:10)(スタッフの活動)

おばんでござる。
夜更かしホクざえもんでござる。


ブログほくざえもん.jpg

各々方は「食べる」のは好きでござるか?
拙者は大好きでござるよ。
(おかげでポッコリ・・・)

前々から「口から食べる」ということの重要性はわかっているつもりでござったが、近頃特にその重要性をひしひしと感じると同時に、「食・栄養」に可能性を感じるでござる。

拙者が「食べたい」と思い、食べる。
これは高齢化が進んだ現代の日本では決して当然のことではないのかもしれないでござる。

食欲がわかない。
飲み込む力が弱くなった。
むせてしまう。
好きなものが食べられなくなった。
食べる能力に合わせると美味しくないものしか食べられない。
脳卒中の後遺症などで、うまく思いを伝えられない。

そんなことはござらんか?
北星病院と北星館では「食を楽しみたい」、「楽しく食事したい」という思いに応えたいと心底考え、改革中でござる。

拙者も常々感じるのでござるが、食事は楽しい雰囲気で、美味しいものを食べたいでござろう?
拙者たちは患者さんや利用者さんもそうお思いだと考え、それを実現したいと考えているのでござる。

そして、その思いに応える取組みを行なっているのが栄養科の棟梁・高橋殿が率いる栄養科と金長うめ子殿でござる。

金長うめ子.jpg

拙者もまだまだ未熟者ゆえ正体を見破るには至っていないでござるが、うめ子殿が職員の誰かに化けて患者さんと利用者さんのために「食の楽しさ」の追求と伝道をしてくださっているとにらんでいるでござるよ。

うめ子殿が絡んでいるかわからないでござるが、栄養科では患者さんや利用者さんの嗜好や食の楽しさを追求した食事提供を実践しているでござるよ。

失語症の患者さんも発語したそうでござる。
「食」とは誠にすごいものでござるな。

高橋殿曰く「グルメ療法」とのことでござる(*'▽')


Image_34c447c.jpg

例えば、入院中に誕生日を迎えたときに通常の病院食とは違うお食事でお祝いしたい!
明日は退院だから特別なお食事でお祝いしたい!
病院食だけだと摂取量が伸びないけど、これなら食べられるかもしれない。
病気やリハビリで疲労したときにリカバリーしたい。

そんなことへの対応も考えているでござる。
これからもご期待くだされ。


北星館の精鋭介護職員が燃えている! 千歳市リハビリ病院

(2017年3月10日 05:49)(スタッフの活動)

おはようでござる。
ホクざえもんでござるよ。


ブログほくざえもん.jpg

最近、だいぶ暖かくなってきたでござるな~
春が待ち遠しいでござる。

最近、北星病院のお隣の老健「北星館」から何やらメラメラとアツい氣を感じていたでござるが、やっと理由がわかったでござる。
北星館の男性介護職員3名が「ちとせ げんきグランプリ2017」に出場するので、日夜鍛錬していたのでござる。
むむむ・・・かっこいいでござる。

このイベントは今回が初めての試みで千歳市内の介護事業所などで働いている介護職員の技術と情熱・知識を競う大会でござる。どの施設も人員が不足している中、研鑽を積み、他の施設の職員たちと競い、交流を持ち、ともに高め合うために努力しているでござる。誠あっぱれな心意気でござる。

北星館でエントリーしたのは
北星館の介護職員のリーダー(主任)栗林殿、介護福祉士の田村殿、同じく介護福祉士の藤本殿でござる。


f433888b06a47784dc958bf37994cfc919b4b4d4.PNG

気合が入っているでござる。
今までも努力はしてきたでござろうが、現在得難い経験をして、名実ともに北星の星☆になる成長過程を歩んでいるのでござる。結果よりもそのプロセスは何よりも大事なものでござる。

当日は拙者も応援にいくでござるよ!
各々方もお時間があれば北星館や出場される方々の応援に来て下され。

北星館のブログも更新中でござる。
http://www.hokusei.or.jp/hokuseikan/blog/2017/03/08/



ちとせ げんきGP(グランプリ)2017

日時 2017年3月18日(土) 13:30~17:30
場所 北ガス文化ホール 中ホール
   (千歳市民文化センター)
主催 NPO法人 ちとせの介護医療連携の会


15665535_950223171774335_8493676003226824534_n.jpg

桃の節句

(2017年3月 3日 22:10)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござるよ。


ブログほくざえもん.jpg

今日は何の日?




今日は「桃の節句 ひな祭り」で候!

そんな、ひな祭りを入院している患者さんにも楽しんでもらおうと、栄養科の統領・高橋殿を筆頭に栄養科が総力をあげて、患者さんに手作りのプレゼントを贈ったでござるよ。
まったく、あっぱれな心意気!


IMG_5344.JPG

手指の拘縮がある患者さんも信じられないくらい手を開いて受け取ってくれたそうでござる。

「明日が今日より1つ 笑顔あふれる毎日でありますように!」
そう添えられたメッセージも、患者さんの笑顔のために一生懸命作った目に見えない努力も、患者さんにはしっかり届いたようでござるな。

これからも北星病院のアツい管理栄養士たちは、温かいお食事と温かい心で患者さんのために頑張っていくでござるよ!



第9回 ホクマン★カフェ 北海道千歳市のリハビリ病院

(2017年2月16日 20:00)(スタッフの活動)

おばんでござる。
ホクざえもんでござる。
ブログほくざえもん.jpg

最近、北海道は暖かく、今日は雨
そんな中、北星病院ではホクマン★カフェを開催したでござるよ。

テーマはズバリ「広報」でござった。
(冒頭は道下殿と拙者の四国出張報告をサラリ。)

学んできたことで特に強調したいのは、広報の本質・根幹は「思いをカタチにすること」ということでござった。

・思いの表出・抽出
   ↓
・思いの発信・可視化・伝達
   ↓
・思いの共有・浸透・同期

これができないと不満の種になり、できると広報の種がたくさん芽吹いて、強い組織を形成するコミュニケーションができる。
そしてブランド構築にも繋がるという相変わらずの道下殿でござった。
(はぁ~)

そのあとにカフェでチャットしてもらったでござる。
チャットテーマは
・北星病院の強み・売りは何だろう?
・強み・売りをどういうネタでアピールする?
・どういうツールや方法でアピールする?
・どうしたら広報が楽しくできる?
・院内で共有した方が良い情報って何だろう?
2017-16-2--19-08-21.jpeg

このようなテーマで、最後にテーブル内で出た意見を発表してもらったでござる。
印象的だったのは、出席したスタッフの思いには共有している部分が多かったことでござる。

・職種横断の活動が自然にできる。
・職種関係なくイベントを積極的に手伝ってくれる。

・どんな状態の患者さんでも、その患者さんのために諦めずに全力を尽くしている。
・マラソンの神直之殿がすごい(北海道マラソンで優勝するなど、ガチですごいでござる)

などなどたくさんの意見が出たでござる。
(経営や戦略に関わる部分もあるので、全部の内容は差し控えさせていただくでござる。申し訳ござらん。)

北星病院の広報活動は確実に芽吹いて花が開いているのでござるなぁ。
拙者も頑張っているスタッフにもっとスポットを当てられるよう、スタッフがもっと気持ちよく働けるような環境づくりの助けになるような効果的な広報を実践できるよう、精進してまいる所存!
事務職員も地域連携 千歳市リハビリ病院

(2017年1月25日 23:11)(スタッフの活動)

おばんでござる。
お久しぶりのホクざえもんでござるよ。


ブログほくざえもん.jpg

拙者、昨日1月24日に医事課男子3人衆(道下殿・伊藤殿・前川殿)と千歳・恵庭事務連絡会で学んできたでござる。

千歳・恵庭事務連絡会は、その名の通り千歳市と恵庭市の医療機関の有志が集まって勉強したり、色々な情報交換を行う会で、事務局を立上げから道下殿が務めているでござる。
(あの御仁は仕事ジャンキーとの噂が・・・)

会場は千歳第一病院さんの会議室をお借りして、テーマは「チームビルディング」でござった。
講師は道下殿が普段から様々なことをご教授いただいている、我汝会えにわ病院さんの舘義隆殿にお願いしたでござる。

IMG_5178.JPG
IMG_5219.JPG
それにしても、あっぱれな講演内容でござった!

会場はたくさんの医療機関から集まった、ベテランから若手までの様々な事務職員の熱気でムンムンで、拙者もアツくなったでござる。
昨今、地域連携の重要性が叫ばれているでござるが、道下殿曰く・・・・

「医療機関の事務職員たるもの、自院の置かれている立場と役割を把握すべし」
「自らの考えだけでなく、他者の声にも耳を傾けるべし」
「自院の利益だけを追求するべからず」
「地域医療・介護の成功なくして、自院の成功なし」
「医療機関運営には、広い視野と知見を持った事務職員が必要不可欠である」
「事務職員たるもの、専門職が力を発揮できるようにサポートすべし」
「地域住民を守れる医療提供体制は相互理解と多職種・多機関連携が必要不可欠である」


とか何とか言っていたでござるな。
(道下殿は信念を曲げず、暑苦しいところがあるのでござる。)

事務職員も地域連携に参画することは、これからの時代に必須でござろうな。

当日も舘殿の講義に熱心に耳を傾け、北星病院の医事課をいかに強いチームにするか?院内の他職種が力を発揮できるように貢献できるチームをいかに創りあげるか?という課題に対してのヒントを得たようでござった。

IMG_5220.JPG

それにしても・・・道下殿は字が汚いでござるな。



千歳第一病院さんについてはコチラをご覧くだされ
http://www.dojinkai-group.com/

我汝会えにわ病院さんについてはコチラをご覧くだされ

http://www.eniwa-hosp.com/


北海道千歳市リハビリ病院 認知症予防教室

(2016年10月20日 13:11)(スタッフの活動)

みなさんこんにちは~(^^)/

北星病院非公認ゆるキャラのホクマンです!

今日は毎月恒例の健康予防教室で認知症予防について教室があったよ~

IMG_5540.JPG

作業療法士の田原さん、この発表のために夜遅くまで資料作りを頑張ったんだって~(^^)/

ちょっとびっくりだけど、血液がドロドロしていると、脳の血流が悪くなって、認知症になるリスクが
高まるんだって!

食生活や運動も認知症予防には大切なんだね~